ロゴ エンタープライズITの変革者と伴走するメディア

エンタープライズITの変革者と
伴走するメディア

【動画】本気で改革しようとすればするほど「割に合わない」ITリーダーのサバイバル戦略とは

2022.11.04 DX 組織改革 脱・衰退途上国

 日本のDXの遅れがますます深刻化しています。IPAが発表した「DX白書2021」では日本のDXの取り組みが米国に大きく遅れをとっていることが指摘され、スイスのビジネススクールIMDが発表した「世界デジタル競争力ランキング(2021年)」では、64カ国中28位という状況です。


 こうした中、日本企業のIT化が進まない一因として、「改革に本気なリーダーほど、生き延びるのが難しい現実があるのではないか」と話すのが、AnityA代表取締役の中野仁氏です。


 Darsanaでは、このテーマについて考えるためのイベントを8月4日に開催。ファーストリテイリング、RIZAPのCIOを歴任し、現在、ITコンサルティング会社「ISENSE」の代表取締役としてITを起点に企業の本質的な改革を支援する岡田章二氏と、長年、HCMソリューションの導入支援を手掛けてきたワークデイ Japan Consulting Services マネージャ 石渡理氏をゲストに迎え、ITリーダーのあり方とサバイバル術についてディスカッションを行いました。


 本記事では、「ITリーダー割に合わない問題」の実態と、その中で生き残っていくための戦略について語ったAnityA 中野氏の講演の模様を動画でご紹介します。



●動画インデックス


・「ITリーダー割に合わない問題」 現実的なITリーダー像と生存戦略
 -DXがうまくいかない現場で何が起こっているのか?【00:01:02】
 - DXがうまくいかない理由を「企画」「推進」「文化」の3つの観点から考えてみると【00:02:10】
 -成果を出しながら討ち死にしないためのサバイバル術とは【00:08:28】
 -救世主を前提とした変化は長続きしない【00:12:27】
 -厳しいプロジェクトの現場で生き残るために【00:16:10】
 -どこからはじめたらいいのか【00:25:39】


●登壇者プロフィール


【株式会社 AnityA(アニティア) 代表取締役 中野仁】


 国内・外資ベンダーのエンジニアを経て事業会社の情報システム部門へ転職。メーカー、Webサービス企業でシステム部門の立ち上げやシステム刷新に関わる。2015年から海外を含む基幹システムを刷新する「5並列プロジェクト」を率い、1年半でシステム基盤をシンプルに構築し直すプロジェクトを敢行した。2019年10月からラクスルに移籍。また、2018年にはITコンサル会社AnityAを立ち上げ、代表取締役としてシステム企画、導入についてのコンサルティングを中心に活動している。システムに限らない企業の本質的な変化を実現することが信条。


【次回記事を読む】


【イベント企画:後藤祥子(AnityA)】


■関連記事
航空業界からリテール業界へ——ANAで「企業と人の成長と重ね合わせたDX」を成功させた野村泰一氏は、「大丸、松坂屋、パルコ連合」をどう変えるのか
【動画】自社の強みを知り、ありたい姿を考えた結果が内製だった——久本氏に聞く「星野リゾートが今のIT戦略に辿り着くまで」
そのデータ活用は「人と組織の成長」につながっているか——ANA野村氏が部門横断で取り組む「顧客ファーストなデータ活用組織」の作り方
渋谷区の“超DX”は「古き良き昭和の区役所に戻るため」——“脱・お役所仕事”のファーストペンギン、渋谷区の副区長 澤田伸氏が語る「区政改革の本質」
【動画】荒ぶる「勘違いDX四天王」を前にITリーダーはどう動くべきか 「カイゼン・ジャーニー」の著者、市谷聡啓氏に聞く
「脱・SIerへの丸投げ」で組織とビジネスはどう変わったのか——国連UNHCR協会のサンドバーグ氏に聞く劇的な変化