ロゴ エンタープライズITの変革者と伴走するメディア

エンタープライズITの変革者と
伴走するメディア

【動画】ITリーダーがビジネス感覚を身につけるために役立つ「ビジネスアナリシス」とは何か

2022.02.25 DX 人材育成・活用 組織改革

 日本企業で今、「ITとビジネスに通じたリーダーの不在」が大きな課題となっています。


 情報処理推進機構(IPA)が発表した「DXの先進企業では、経営、事業、技術の3つに通じ、リーダシップを発揮できる『八咫烏 (やたがらす)人材』が中心となり、DXの方向性や開発推進、事業適用を牽引していた」——という調査結果からも分かる通り、これからの企業のリーダーには「経営、事業、技術」を理解することと、この3つの視点から事業を俯瞰して分析する能力が不可欠です。


 しかし、企業には「ビジネスの専門家」や「ITの専門家」はいても、その両方に通じた人材は極めて少ないのが実情です。それでは、「ITの力を生かしきれていないビジネス施策」や「ビジネスの価値につながらないIT施策」ばかりが生まれてしまうことになりかねず、「企業価値の最大化」が難しくなってしまいます。


 ITリーダーが「ビジネスや経営の視点でIT改革を語る」ためには、何をどのように学べばいいのでしょうか——。


 本記事では、AnityAが2022年1月27日に開催したイベント「ITリーダーがビジネス感覚を身につけるために役立つ『ビジネスアナリシス』とは何か」の模様を動画でご紹介します。


 前編では、ITをビジネスの言葉で語るために欠かせないフレームワーク「ビジネスアナリシス」の普及と啓蒙のための活動を行っているIIBA(International Institute of Business Analysis)日本支部 代表理事の寺嶋一郎氏のプレゼンテーションの模様を動画でご覧いただけます。



●動画インデックス


・IIBA 寺嶋氏のプレゼンテーション「ビジネスとITに通じたDXリーダーになるために欠かせないビジネスアナリシスとは何か」


 -【00:01:57】最低限必要な基本原理や基本原則とは?
 -【00:05:21】考える枠組みを知る〜フレームワークの活用〜
 -【00:07:08】MIT留学でAIを学んだ経験を生かして
 -【00:10:56】ITベンダーに頼れない時は自社で内製するしかない!
 -【00:15:46】優れたアーキテクチャ設計は開発効率を高める
 -【00:19:35】経営陣にITの重要性を理解してもらうために?
 -【00:22:45】内製化は「成果が出るところから」
 -【00:27:45】業務プロセスの可視化ができていないと業務改革はできない
 -【00:29:35】ビジネス・アナリシスの必要性と専門スキルをもつ人材の必要性
 -【00:39:07】ビジネス・アナリシス(BABOK)とは
 -【00:46:08】ビジネス・アナリストに必要な3つのスキルとは
 -【00:46:55】日本でビジネス・アナリシス知られていない理由
 -【00:49:47】なぜDXにビジネス・アナリシスが必要なのか


●登壇者プロフィール


【TERRANET代表 IIBA日本支部代表理事 寺嶋一郎氏】

 1979年に積水化学工業入社。製造現場の制御システム、生産管理システム構築などに従事。1985年マサチューセッツ工科大学留学を経て、人工知能ビジネスを目指した社内ベンチャー、アイザック設立に参画。2000年に積水化学 情報システム部長に就任、IT部門の構造改革やIT基盤の標準化などに取り組む。2016年に定年退職し、IIBA日本支部代表理事、BSIA事務局長、PCNW幹事長などを通じて日本企業のIT部門を支援する活動を行っている。


後編を読む


【イベント企画:後藤祥子(AnityA)】


■関連記事

【動画】正しく読めないと崖から落ちる? 「2025年の崖レポートの誤解と真実」をCIO Loungeの友岡氏に聞く(前編)
【動画】DXを推進するIT担当者は「ビジネス視点」で語れ  「2025年の崖レポートの誤解と真実」をCIO Loungeの友岡氏に聞く(後編)
そのデータ活用は「人と組織の成長」につながっているか——ANA野村氏が部門横断で取り組む「顧客ファーストなデータ活用組織」の作り方
「脅威から守る」では響かない——経営陣を納得させるセキュリテイ投資の説明、5つのポイント

無計画な「システム増築」が引き起こす「ITスラム」は解消できるのか——伝説のITアーキテクト、中山嘉之氏が示す解決策