ロゴ エンタープライズITの変革者と伴走するメディア

エンタープライズITの変革者と
伴走するメディア

原則3:全体最適を優先させる

2022.04.11 DX DXを成功に導くデータマネジメント データ活用 組織改革

※本記事は、小川康二氏・伊藤洋一氏の著書「DXを成功に導くデータマネジメント データ資産価値向上と問題解決のための実務プロセス75」(翔泳社刊)の一部を編集し、転載しています。


●データアーキテクチャのデザインを最優先に行う


 データマネジメント施策の優先順位は、全体最適に関する施策を最優先に実施します。

 全体最適とは、企業全体の視点に立って、データを適切な場所に配置し、類似データをなくし、データ流通が整流化するようにデータアーキテクチャをデザインすることです。

 全体最適に関する施策は、経営戦略や事業戦略に書かれているので、ここからデータアーキテクチャをデザインします。

 データマネジメント活動の初期段階で、データアーキテクチャのデザインができれば、全社レベルでの守るべき事項とルールが策定できるため、その後のデータマネジメント活動が非常にやりやすくなります。

 各部門・各ケイパビリティにおけるデータ開発では、データアーキテクチャを守る前提で詰めていくため、部分最適なデータ開発はなくなります。

前回記事を読む ■ 次回記事を読む

■関連記事

組織がバラバラでは「ビジネス課題の解決」にデータを生かせない——データ総研の小川氏に聞く、「データ活用が進む」組織づくり
データ組織立ち上げ中のアサヒグループHD大江氏に聞く——「生きたデータ活用」を成功させるために足りないのはどんな人材なのか
そのデータ活用は「人と組織の成長」につながっているか——ANA野村氏が部門横断で取り組む「顧客ファーストなデータ活用組織」の作り方
組織横断でデータ活用をするために欠かせない視点とは——実務者が語る「組織」「基盤」「マインドセット」設計のポイント